2017年5月11日

【「オーバーアチーバー」の思考パターン】メルマガ草創花伝 vol.910

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『「オーバーアチーバー」の思考パターン』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、聞いてください」


●師範:
「なんだ」


○門下生:
「私の部下がどうにもなりません」


●師範:
「またか、どいつもこいつも。
私のところへやってくる門下生は、みんな部下に対する悩みだ」


○門下生:
「やる気が見られないんですよ。
やることをやりませんし、できない言い訳ばかりで」


●師範:
「君の部下は、やることをやらないし、できない言い訳ばかりなんだな」


○門下生:
「そうです。しかも一人じゃないんです。三人もいます」


●師範:
「三人とも、やることをやらないのか」


○門下生:
「部下だけじゃありません。私の上司もです」


●師範:
「あれ? 君は課長職だったか?」


○門下生:
「いえ。私は何の役職にも就いていません」


●師範:
「そうだよな。確か、去年の9月に今の会社に転職したんだろ?
役職に就いてないのに、部下が3人もいるのか」


○門下生:
「そうです。私の上司が頼りないので、私が面倒を見てます」


●師範:
「そうなのか」


○門下生:
「そうですよ。私はいま29歳です。上司の部長は48歳。
部下はそれぞれ26歳、31歳、34歳です。34歳の人は課長ですよ」


●師範:
「課長? それでも君の部下なのか?」


○門下生:
「部長からそのように言われたので、部下だと思って接しています」


●師範:
「不動産の営業だったな。目標達成率は?」


○門下生:
「31歳の部下が100%を下回っていて93%。
26歳は120%、34歳の課長は108%です。ちなみに部長は105%」


●師範:
「ほぼ全員、100%は超えているのか」


○門下生:
「あたりまえですよ。目標を達成するだなんて」


●師範:
「そうだな」


○門下生:
「去年入社した私が450%達成してるんですよ。
恥ずかしいと思わないんですかね」


●師範:
「450%……」


○門下生:
「500%は超えないと、と思ってます」


●師範:
「部下たちにも、それを言ってるのか」


○門下生:
「だって、やるべきことをやれば200~300%ぐらい達成できますよ。
だったらやればいいじゃないですか。
なのにできない言い訳ばっかり言うんですよ」


●師範:
「……」


○門下生:
「上司である部長も部長なんです。
100%達成できていれば、それでいいんだなんて甘いこと言ってるんです」


●師範:
「……」


○門下生:
「ムカつきません? 師範、ゲームってやったことありますか?」


●師範:
「いや、私はあまり」


○門下生:
「たとえばシューティングゲームで100万点を獲得したとします。
次にゲームをやるとき、同じように100万点をめざしますか?」


●師範:
「うーん、もっとハイスコアをめざすかな」


○門下生:
「さすが師範! そうでしょう! 100万点をとったら、次は150万点。
その次は200万点とりたくなるもんです」


●師範:
「……」


○門下生:
「アスリートだってそうでしょう。
自分の限界にチャレンジして超えていく。それが楽しいんです」


●師範:
「……」


○門下生:
「惰性で仕事をしてるヤツらと一緒にいたくないですね。
今度社長に目標そのものを2倍にしてくださいって進言します。
そうすれば、いやでもがんばらないと100%達成できなくなりますから」


●師範:
「おいおい、そこまでする必要があるのか。
目標だって、そんなに低いわけじゃないんだろう」


○門下生:
「社長は日本一の不動産会社にするって言ってたんです。
だから私は社長を男にしたいんです。現状に満足してる連中に喝を入れる。
それが私に与えられたミッションなんです」


●師範:
「社長が君にそう言ったのか?」


○門下生:
「そうは言ってませんが……。きっとそうです。
私は役職も要らないし、高い給料も要らないです。
とにかく限界に挑戦し、常にその限界突破をしていきたいだけなんです。
そのためには、他人が休んでいるときに死ぬほど努力するべきです」


●師範:
「おいおい。ちょっと落ち着け」


○門下生:
「毎日深夜まで働く。休日も遊んでないで、お客様と飲みに行く。
ゴルフへ行く。研修を受ける……。
自分にプライベートの時間があるだなんて思ったら人生負けです」


●師範:
「ちょっと待て。そんな発想では、日本一の会社にはできないぞ」


○門下生:
「どうしてですか!」


●師範:
「もっと一般常識的な価値観を知りたまえ。
その価値観とペーシングしてから自分の考えを言わないと、
誰も君の訴えに耳を傾けない。君は典型的なオーバーアチーバーだ」


○門下生:
「私の考えにどんな問題があるんですか」


●師範:
「一緒に働く人に幸福をもたらさない。
社会に対する思いやりの視点も欠けていって、長期的な視点で観たら、
自己崩壊していく可能性がある。もっと『他者視点』を持つべきだ」


----------------------------------------------------------------------

……ダントツの結果を出す人、圧倒的なパフォーマンスを誇る人、
いっぽうで、できない人間に対して容赦のない態度をとる人が、
「オーバーアチーバー」と呼ばれます。

独特の世界観を持っていることがあり、極端に協調性が低い。

単に結果を出すためだけならいいですが、
チームビルディング上、大きな問題の種になる可能性があり注意が必要です。


----------------------------------------------------------------------

【21点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特に今年に入ってから、私はパッタリと外部機関でのセミナーや、
企業での講演活動を急減させています。

ほとんどのオファーを断っていると思います。

今は「マスマーケティング」の時代ではなく、
「コミュニティマーケティング」の時代。

現在は「絶対達成プライム」を中心に、
「絶対達成社長の会」「アタックス視察クラブ」など会員向けのセミナー
をドンドン拡大させています。

したがって、それぞれの会員以外の人には、
横山がどこでどのようなテーマでセミナーや講演をしているのか、
わからなくなっていると思います。

「最近、横山さん、セミナーをやらなくなったね」

と多くの人に言われます。
しかし回数そのものは減っていません。

それに、昔と異なり、
時間と空間に拘束されることなく人財教育したいというニーズが高まっており、
リアルセミナーよりも、DVDや動画教材を拡充しています。

お客様のニーズをしっかり捉えて、今後も商品開発していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕絶対達成プライム5月号は「絶対達成する人の採用方法」。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   「超一流のすぐやる技術」【台車理論】の元ネタになった、あの本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」5月号は、
『絶対達成する人の採用方法』がメインテーマ。

目標を絶対達成できるかどうかは、その人の思考パターンに大きく依存します。

入社して数年経った社員と、入社したての新入社員では、
圧倒的に新入社員のほうが思考パターンを変化させやすい。

では、絶対達成マインドのある人をどう採用するのか。
そのノウハウとコツを解説します

詳しくは今月のプライムオーディオセミナーで!


■ 絶対達成プライム会員「5月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576151878/mysterycon0c-22/ref=nosim

です。

仕事を効率よく処理するタスク管理テクニック、知的生産術の基本である
「GTD」。

この基本5ステップ「収集」「処理」「整理」「レビュー」「実行」が
記されています。

この手法をさらに日本人的な仕事のやり方(タスク管理&プロジェクト管理)
にカスタマイズさせたのが【台車理論】です。

「台車理論」が掲載されているのは拙著「超一流のすぐやる技術」です。

■『超一流のすぐやる技術』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797387025/mysterycon0c-22/ref=nosim

セルフマネジメント技術を鍛え、労働生産性を上げていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕【残り9名!】人工知能セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月14日に、再びAI(人工知能)セミナーを開催します。

AIが得意とする「認識能力」を最大限に生かし、
総労働時間の20%以上の削減、スタッフの能力向上へ導く手法とは?

3月に開催した同セミナーは、1ヶ月前ですぐ満員となりました。
6月にも開催しますが、すでに「残席わずか」です。


【東京 6/14】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
http://attax-sales.jp/seminar/open/3012/

本セミナーは、「IBMワトソン」のエコパートナー企業(日本初)である、
木村情報技術様との共催です。

「IBMワトソン」を活用したソリューションを、
すでに大手企業で導入し始めており、その事例を知ることもできるでしょう。

ご興味のある方は、ぜひお越しください。