2017年9月11日

【ビジネスで感傷的になってはならない!】メルマガ草創花伝 vol.943

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『ビジネスで感傷的になってはならない!』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範、『結果を出すリーダーほど動かない』という本を読みました」


●師範:
「どんな感想だ?」


○門下生:
「うーん……という感じですね」


●師範:
「そうか」


○門下生:
「あれって、結局はイルカの調教ですよね」


●師範:
「イルカの調教、か。たとえがうまいな」


○門下生:
「とくにフィードバックのルールなんてそうでしょう?
ちゃんとやり切ったら『好子』を、そうでなかったら『嫌子』を出現させる」


●師範:
「そうだな」


○門下生:
「行動分析学のやり方かもしれませんが、
要するにあれはイルカに芸を教えるときに使う手法です」


●師範:
「それが、どうした?」


○門下生:
「それが……って、私は部長職を20年やってきてますが、
部下をイルカだと思ったことはありませんよ。部下は生身の人間なんです」


●師範:
「はあ?」


○門下生:
「部下をイルカと見立てるようなマネジメント手法は受け入れられません!」


●師範:
「帰れ」


○門下生:
「……え」


●師範:
「帰れ」


○門下生:
「……」


●師範:
「……」


○門下生:
「……し、師範」


●師範:
「君は私のところへ4年通った。もう十分だ。二度と来るな」


○門下生:
「……そんな」


●師範:
「私は君のような人間が一番嫌いだ」


○門下生:
「……」


●師範:
「自分で勝手に『イルカの調教のようだ』と言って、さらに
『部下をイルカのように見立てるマネジメント手法は受け入れられない』
と言った。とんでもない妄想だ。自分で勝手に言って、勝手に怒ってる」


○門下生:
「そ……」


●師範:
「それに、なぜイルカの調教のようにしてはダメなんだ?
テニスにしても野球にしても、足腰を鍛えるのは普通だ。
体やメンタルを鍛えずに、楽しくスポーツができるか?」


○門下生:
「う」


●師範:
「『壁マネジメント』はやり切る習慣を身に付けさせることだけが目的だ。
部下をイルカのように扱うのは耐えられないだなんて、考えが幼すぎる」


○門下生:
「ぐッ……。幼すぎるって、師範……」


●師範:
「感覚的でもいい、たまには感情的になってもいい。しかし感傷的になるな」


○門下生:
「感傷的?」


●師範:
「今日で東日本大震災から6年半。知ってたか?」


○門下生:
「今朝のニュースで、知りました。忘れていました」


●師範:
「当時、未曾有の大災害を前にして、
『自分がどれだけ無力な存在かを知った』とか『途方に暮れる』とか言って
感傷的になった人たちが膨大にいる。しかし感傷的になる前に、自分を律し、
まずは目の前のやるべきことをやろう、一所懸命生きよう、と前向きになった
人たちもまた、たくさんいた」


○門下生:
「……」


●師範:
「君は宮城出身だろう。何とか災害は逃れた。家族も友人たちも無事だった」


○門下生:
「はい」


●師範:
「当時は感傷的になったか」


○門下生:
「い、いや……。感傷的になる暇なんて、ありませんでした……。
もう、生きていくのに、必死で……」


●師範:
「じゃあ、今の君はいったい何をしてるんだっ!」


○門下生:
「ひっ」


●師範:
「必死に生きた時代を忘れたか。まだ6年半だろう!
部下をイルカになんて見られないだなんて、感傷的になってる場合か」


○門下生:
「す、すみません」


●師範:
「今期も目標を達成できないんだろォ! 甘えてんじゃねえよ!
……ったく。部下にやることやらせてから口開けェ!


○門下生:
「し、師範、申し訳ありません。甘えてました」


●師範:
「部長が感傷的になってどうする? そんな暇があるのか?
君の会社は3年連続で未達成。未曽有の事態だということがわからんのか?」


----------------------------------------------------------------------

……「壁マネジメント」はイルカの調教と同じです。

したがって、この手法を使って部下が変わらないはずがないのです。

発売当日に大増刷となった新刊、ぜひよろしくお願いいたします!


■「結果を出すリーダーほど動かない」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517728/mysterycon0c-22/ref=nosim

----------------------------------------------------------------------

【67点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月のモンスター朝会「絶対達成社長の会」は、9月14日(木)。

講義テーマは「絶対達成するカウントダウンの技術」です。

http://pag-presidents.jp/category/schedule/

次回は10月26日(木)。

10月の講義テーマは「絶対達成する集中力」です。

経営者でなくても参加できますが、
朝から気合を入れたい方だけご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔3〕絶対達成プライム9月号は、
  「AIの時代に組織マネジメントはどうあるべきか?」です。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   AI(人工知能)を正しく理解できる超おススメの本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」9月号は、
『AIの時代に組織マネジメントはどうあるべきか?』がメインテーマ。

AI(人工知能)のことを知れば知るほど、「人間」を知ることに繋がります。

組織マネジメントをしていくうえで、最低限の知識は身に付けておきましょう。


■ 絶対達成プライム会員「9月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ 2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272546/mysterycon0c-22/ref=nosim

技術者が書いたAI(人工知能)の本もいいですが、
この書籍は人事コンサルタントとしての立場から、
AIが組織に与えるインパクトについて書いています。

非常に論理的であるし、わかりやすく、良識のある書籍に仕上がっています。

小難しいAI本もいいですが、まずはこの一冊だけ読んでおけば、
知識不足による不安や、偏った先入観にとらわれることはないでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕【10月もやります!】人工知能セミナー「AIによる組織大変革」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月24(火)日に、再びAI(人工知能)セミナーを開催します。

AIが得意とする「認識能力」を最大限に生かし、
総労働時間の20%以上の削減、スタッフの能力向上へ導く手法とは?

3月も、6月も、8月も開催しましたが、1ヶ月以内で満員となりました。

【東京 10/24】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/252

※大阪は残席わずかです!

【大阪 9/12】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/234


本セミナーは、「IBMワトソン」のエコパートナー企業(日本初)である、
木村情報技術様との共催です。

「IBMワトソン」を活用したソリューションを、
すでに大手企業で導入し始めており、その事例を知ることもできるでしょう。

ご興味のある方は、ぜひお越しください。

2017年9月8日

【大公開】新刊の「重要ポイント」を箇条書きします。

おはようございます、「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


ついに「壁マネジメント」の全貌が記された新刊が本日発売です!
半年以上も前から、この日を待ちわびてきました。


■「結果を出すリーダーほど動かない」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517728/mysterycon0c-22/ref=nosim


さて本書の中で、私が重要と思える文章をピックアップして箇条書します。


この文章を読むだけでも勉強になるでしょうから、
ぜひ最後までお付き合いください!


・ではなぜ、部下が指示したとおりに動かないのか?

・部下の過去の経験に基づいています。

・部下たちに動かなくてもいい環境が与えられている。

・過去において同じような指示を出された際に、その期限までに動かなくても
大丈夫だったという体験が繰り返されているから

・部下が「自分の判断基準で動いていい」という認識を持っている

・部下は決して性格が悪いわけでもなく、能力が低いわけでもありません。
上司に動かなくてもいいというトレーニングをされてきたのです。

・今「問題」が起こっているということは、今の「行動」を続けているから
問題が発生しているということです。

・別の行動をとることでしか問題は解決しないとシンプルに考えます。


・決めたことに対して、やらなくても済んでしまう環境を徹底してなくしたの
です。

・マネジャーは、部下の行動に介入することで、動かない「壁」をつくり、
部下の望ましくない行動を通過させず、望ましい行動だけをとり続けられるよ
うにする。このイメージが「壁マネジメント」です。


・ルールを決めていても介入が漏れていると、部下は望ましくない行動を繰り
返すようになります。

・長い間、成果の出ない行動が習慣化していると、新しい行動に対して拒否反
応を示し、反発(バースト)します。


・「目標」と「行動ルール」は違います。★


・不良品発生率が低い行動をモニタリングした結果、製作を行う際に必ず「工
具に油をさす」という行動をしていた作業員の不良品発生率が低いことがわか
りました。この行動はやろうと思えば必ずできる実績のある行動だということ
です。

・ルールは「やろうと思えばできること」を設定しなければなりません。


・現状維持バイアスをはずすためには、現状維持バイアスが発生して、不安や
恐怖の感情が発生して、その状態を避けようと思う状態に身を置き続けること
が必要になります。

・行動をさせ続けることに身を置き続けさせない限り、部下の現状維持バイアスは外れません。

・必要であれば、今部下が苦しんでいたとしても、それができるようになるま
で、苦しい状態に身を置き続けさせなければならないことが、時には必要にな
ります。

・そのため、上司は絶対に自分の感情がブレてはいけないのです。


・「壁マネジメント」では、「行動ルール」と「介入ルール」をセットで運用
することが必須です。


・一番の問題は、ルールを守らない望ましくない行動をとったにもかかわらず、
「嫌子」を消失させてしまうことです。

・状態に合わせて自ら「好子」「嫌子」を発生させるスパイラルに入るので、
どんどんのめり込んでいきます。


・数字上配分された目標計画を実現させるためには、その目標を実現する行動
が必要となる「S(成果)=V(行動)」の考え方です。


・「壁マネジメント」を人事評価制度に連動させる場合には、「行動ルール」
の実行履歴と成果履歴をデータ化したスコアリングシートの内容を中心に評価
を行うため、必要な行動ルールに対して、どれだけ実行できたかで評価します。

・そうすることで評価面談のときも「どうだったっけ?」ということはありま
せん。

・感覚に頼ることなく評価できます。

・タイプ別フィードバック法「あなたを上司として認めていないタイプ」「ア
ラーム状態のタイプ」「謝ることのプロフェッショナルタイプ」


・行動ルールを改善するときの3つの方法「1.行動ルールの量的改善」「2.
行動ルールのブラッシュアップ」「3.行動ルールの追加」


・中間成果が出ているが、最終成果につながっていない場合の改善法「1.中
間成果の量を増やす改善」「2.中間成果の量をブラッシュアップする改善」
「3.新たな中間成果を設定する改善」


・主な3業態のスコアリング設計「1.営業の顧客アプローチ行動のスコアリ
ング」「2.工場の機械停止時間改善ルールのスコアリング」「3.業務改善
のスコアリング」


・壁マネジメントを他人に任せる方法

・「壁マネジメント」を部下や組織のメンバーに任せることで、自分の右腕を
作ることができます。

・前任の壁マネジャーが後任の壁マネジャーの介入結果に対してさらに介入し、
後任の壁マネジャーとともに、部下の行動をやりきらせるまで介入行動の改善
サポートを行います。

・後任の壁マネジャーに対する介入の改善フォローを「介入の介入」と名付け
ています。

・部下に「壁マネジメント」を丸投げして移管するのではなく、一定期間「介
入」を続けます。


・壁マネジメントを強化する「報連相ルール」とは、上司側から介入している
確認内容を部下から報告させるルールに切り替えることを言います。

・「リマインド」「アフター」「累積」の介入を、部下から報告する行動ルー
ルにすることで、上司が介入するために部下をつかまえるという作業がなくな
ります。


……もっともっとたくさん書き出したいのですが、今日はこれぐらいで。


発売当日からアマゾンでは「在庫切れ」になっていますが、
すぐに解消されるでしょう。

ただ、リアルの書店を応援したい気持ちもありますので、
個人的にはリアルの書店で購入していただきたいとも思っています。


■「結果を出すリーダーほど動かない」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517728/mysterycon0c-22/ref=nosim


私と山北陽平との対談を収録した動画がプレゼントされるキャンペーンも
今日からスタート!


どこで購入いただいても、キャンペーンに参加できます。


●「結果を出すリーダーほど動かない」出版キャンペーン
http://attax-sales.jp/yamakitabook-campaign
(※9月5日(金)18時まで)


ぜひ多くの方に新刊を手に取っていただきたいです。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。



以上

2017年9月7日

【後進を育てる「介入の介入」とは?】メルマガ草創花伝 vol.942

おはようございます。
「メルマガ草創花伝」の横山信弘です。


本日のメインテーマは『後進を育てる「介入の介入」とは?』です。


いつものように、会話事例を用いながら解説していきます。


----------------------------------------------------------------------


○門下生:
「師範が教えてくださった『壁マネジメント』のおかげで、
私の部下4人の行動が見違えるように変わりました」


●師範:
「それは良かった」


○門下生:
「この半年間で行動ルールの見直しを4回はやりました。
どの行動ルールを設定すれば一番効果があるか、そこに腐心したと思います」


●師範:
「君の場合は『時間を確保する行動のルール化』がキモだったな」


○門下生:
「そうです。『やろうと思えばできる行動のルール化』はすぐできました。
しかしそれだけではダメだったのです」


●師範:
「試行錯誤を繰り返すことで結果が出はじめた」


○門下生:
「最大のキモは『介入ルール』でしょう。
私はリマインド型、アフター型を組み合わせました」


●師範:
「指示だけしているマネジャーは、
とてもマネジャーとしての役割を果たしているとは言えん」


○門下生:
「指示だけするなら、誰でもできますもんね」


●師範:
「しかし、私が一番重要だと思うのはフィードバックのルールだ」


○門下生:
「ああ……」


●師範:
「部下がやることやったら正しく『好子』を、
やることをやらなかったらきっちり『嫌子』を出現させているか」


○門下生:
「行動分析学ですね」


●師範:
「やってもやらなくても正しくフィードバックをしないから、
お互いストレスがたまっていく」


○門下生:
「マネジャーもストレスたまりますが、部下もそうなんでしょうね。
ところで、師範……」


●師範:
「なんだ」


○門下生:
「師範に教えてもらった『壁マネジメント』で、部下たちは行動を変え、
結果を残せるようになりました。しかし、実は11月に異動となりまして」


●師範:
「そうか」


○門下生:
「異動先でも『壁マネジメント』で部下育成に励みます」


●師範:
「ちょっと待て。大事なことがあるぞ」


○門下生:
「何でしょうか?」


●師範:
「後進のマネジャーをどうやって育てるんだ」


○門下生:
「別の部署から新しいマネジャーが来ています。
でも、すでに部下たちには『やり切る習慣』ができていますから……」


●師範:
「それは危険だ」


○門下生:
「えっ!」


●師範:
「新しいマネジャーにも『壁マネジメント』をさせなければならない」


○門下生:
「わかってます。それはキチンと教えてるつもりですが」


●師範:
「『介入の介入』をしろ」


○門下生:
「介入の介入!?」


●師範:
「君が後任のマネジャーの介入結果に対してさらに介入するんだ。
これを『介入の介入』と呼ぶ」


○門下生:
「そ、そこまでしたほうがいいんでしょうか」


●師範:
「せっかく君がここまで努力して部下の行動を変えてきたんだ。
それが持続するように後進を育てなさい」


----------------------------------------------------------------------

……「壁マネジメント」の全貌を記した新刊には、

・行動ルールの設定方法
・介入ルールの設定方法
・フィードバックルールの設定方法
・スコアリングシートの設計方法

以外にも、それらを応用した技――たとえば「介入の介入」など――も、
抱負に掲載されています。

なんと言っても、事例が多くてすごく参考になりますね。

いよいよ新刊「結果を出すリーダーほど動かない」は、
明日9月8日(金)発売です!

ぜひ全国の書店でお求めください。


■「結果を出すリーダーほど動かない」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894517728/mysterycon0c-22/ref=nosim

----------------------------------------------------------------------

【21点】……本日のメルマガ本文に対する横山の「お気に入り度」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私のメルマガ読者は、3万9000人近くいますが、
そのうち「50人」ぐらいしかわからないだろうという話をこれから書きます。

先日、出張帰りの新幹線の中、夜の10時過ぎ。

すごく疲れていたので何か気分転換になるような音楽が聴きたいと思いました。

昔聴いていた曲で、10年~20年も耳にしていない、
懐かしい曲はないものかとユーチューブで検索していたら、ありました!

ホワイトスネイクの「Straight for the heart」。

東京から名古屋へ戻るあいだに10回以上ヘビーローテーションで聴き、

その後、ノリノリになってきたので、

ブルーマーダーの「Black Hearted Woman」という曲も探したのですが、
残念ながらこちらは見つかりませんでした。

古すぎるのか、マイナーすぎるのか。

一番好きギタリストはエドワード・ヴァン・ヘイレンですが、
ジョン・サイクスも大好きです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔3〕絶対達成プライム9月号は、
  「AIの時代に組織マネジメントはどうあるべきか?」です。
   今月の「横山信弘の紹介したい一冊」とは……
   AI(人工知能)を正しく理解できる超おススメの本!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「絶対達成プライム」9月号は、
『AIの時代に組織マネジメントはどうあるべきか?』がメインテーマ。

AI(人工知能)のことを知れば知るほど、「人間」を知ることに繋がります。

組織マネジメントをしていくうえで、最低限の知識は身に付けておきましょう。


■ 絶対達成プライム会員「9月号」専用ページ (〆切26日)
http://zettaiprime.jp/admission/


そして大好評! 毎月「絶対達成プライム」会員にのみお伝えしている
「横山信弘の紹介したい一冊」のコーナー。

今月は……

■ 2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272546/mysterycon0c-22/ref=nosim

技術者が書いたAI(人工知能)の本もいいですが、
この書籍は人事コンサルタントとしての立場から、
AIが組織に与えるインパクトについて書いています。

非常に論理的であるし、わかりやすく、良識のある書籍に仕上がっています。

小難しいAI本もいいですが、まずはこの一冊だけ読んでおけば、
知識不足による不安や、偏った先入観にとらわれることはないでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔4〕【10月もやります!】人工知能セミナー「AIによる組織大変革」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月24(火)日に、再びAI(人工知能)セミナーを開催します。

AIが得意とする「認識能力」を最大限に生かし、
総労働時間の20%以上の削減、スタッフの能力向上へ導く手法とは?

3月も、6月も、8月も開催しましたが、1ヶ月以内で満員となりました。

【東京 10/24】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/252

※大阪は残席わずかです!

【大阪 9/12】AI(人工知能)セミナー「AIカウンセルによる組織大変革」
https://www.attax.co.jp/seminar/detail/234


本セミナーは、「IBMワトソン」のエコパートナー企業(日本初)である、
木村情報技術様との共催です。

「IBMワトソン」を活用したソリューションを、
すでに大手企業で導入し始めており、その事例を知ることもできるでしょう。

ご興味のある方は、ぜひお越しください。